Atomos(アトモス)

Atomos(アトモス)

A2103-A
A2103-A

精妙な電圧を使い

肉眼でみえない

放電パワーです

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥120,000(税込)

数量  

知花先生は神は科学である、宇宙科学で、創造の科学だと云っています。
思う想像から創造への科学です。

この宇宙空間には物質を創り出すエネルギーと質量が一体として存在しているのです。
それを大霊と呼んでいます。

私たちの身体の中にも心の中にもその大霊が宿っているのです。
大霊が身体の中で常に物質化と非物質化を行っているのです。それが新陳代謝です。

直流、交流を混ぜ合わせた電気、電子回路でプラズマを発生させるところからのスタートです。
知花先生は宇宙は全て電気だと云っても過言ではない、また人間の体も全て電気と云って良い。
テスラ―はコイルを使い物質を消すことができた。
電気で原子(陽子・中性子・電子)をつくることができるのだから、物質をつくることも消すこともできるのは当たり前かと思います。

私たちの開発チームはある特殊な電気、電子回路を開発しました。
これは企業秘密ですが例えで云うと、高気圧があればその内側に計ることのできない低気圧が発生している。
低気圧があればすぐその内側に高気圧が存在している。つまり、低気圧、高気圧は同時に発生しているが、どちらかだけを表現していることのようです。

暗電流のプラズマ

まず精妙な電圧を使い肉眼でみえない放電により、精妙なプラズマを発生させることができました。
更に、プラズマを安定して発生させることに成功しました。
プラズマを発生させるときO3オゾンが発生しオゾンの臭いがしますが、このプラズマの場合はそのオゾンの臭いが香ばしい香りみたいになっています。

精妙な電圧で見えない放電、その放電で発生したプラズマはこれから先、どんな働きにも可能だと開発チームは云っています。
たとえばビニールハウスの中で虫よけとして、また肥料として、又は太陽の光の代わりになど・・・
放電させる精妙な電圧をコイルに流しコイルからでる電界もいろいろな働きに変えることができると夢をふくらませています。